たった一つを建てる
小田急の注文住宅

施工事例

ホビールームを持つ、狭小3階建ての住まい

  • 向かいにあるマンションから目線が合わないように、視界が抜けている方向に窓を向けています

  • 陽当たりと風通しがよく、空調を使わないでも心地よく過ごせるリビング。

  • 屋根裏は趣味のホビールームに。

  • 屋根裏は趣味のホビールームに。

  • 向かいにあるマンションから目線が合わないように、視界が抜けている方向に窓を向けています

  • 陽当たりと風通しがよく、空調を使わないでも心地よく過ごせるリビング。

  • 屋根裏は趣味のホビールームに。

  • 屋根裏は趣味のホビールームに。

建物概要
  • 商品名小田急のSE構法
  • 敷地面積54.54㎡
  • 延床面積94.39㎡
  • 本体価格2,500~3,000万円台
  • 竣工年2014年

屋根裏は宝物空間!自慢の鉄道模型がすっきり納まる+線路もレイアウト

お客様の声

一戸建てに住みたいけれど、画一的な建売住宅は自分たちには合わないと感じていました。「もっとカスタマイズしたい」「余計なものはいらない」と考えていた時に小田急ハウジングと出会い、夫婦別室にしたい、LANなどの配線にこだわりたい・・・など、担当の村主さんは何でも話しやすく、私たちの漠然とした要求を理解してくれてプランニングに落とし込んでくれました。
お気に入りの屋根裏のホビールームも村主さんからの提案で、自分ではそんな事ができるだなんて考えもしなかったので、実現できてとても嬉しいです。思っていたよりも室内空間が広く、日当たりや風通しもいいのでエアコンを使わなくても快適に過ごせています。

 

A様
神奈川県横浜市鶴見区

私がお手伝いしました

都市住宅地での家づくりは、いかに近接する周辺家屋を気にせずに、くつろげる空間を確保できるかが大切です。A様邸では、向かいの高層マンションからの視界を遮る方向に壁を作り、開けた道路方面に窓をつくることで、天気のいい日にはいつでも窓を大きく開けて過ごすことができるようになっています。「外から見ると縦長だけど、室内に入ると思ったよりワイドで過ごしやすい」というギャップを楽しむ住まいになっています。

間取り図

あなたにオススメのその他の事例

ページトップへ