小田急のリフォーム

施工事例

ふたりのセカンドライフを楽しむリフォーム

  • 1階の和室、納戸、書斎をまとめ、大きな空間のリビングダイニングをつくりました。大きな空間をつくるために壁を取り払い、代わりに梁を掛けて構造をしっかりと補強。南側と北側には新たに窓を設け、大きな窓のハイサッシを採用することで、室内に光を取り入れ、風通しの良い空間に。白を基調とした内装デザインに、淡いグレーのクロスや白い巾木をアクセントにした、清潔感と落ち着きのある内装デザインでまとめています。

  • 建具、畳、壁紙を新しく交換したリビングの隣の和室。襖を開け放すと、より空間が広がり光も取り込めるように。リビング横の和の寛ぎスペースとして、足を伸ばしたり、座ったりできる心地良い空間になっています。

  • 新しい対面式のオープンキッチン。調理中の視界を遮ることのないオープンキッチンが、リビング空間を開放的に見せ、調理をしながらご夫婦での会話も楽しめるように。ワインレッドのシステムキッチンやペンダントライトで、リビング空間にメリハリとデザイン性をもたせています。

  • 以前の吹き抜けをそのまま活かし、美しく衣装替えした玄関ホール。吹き抜けが生み出す開放感に、窓から溢れる光が、白い壁と淡い白木調のフローリングを柔らかく照らす、気品のある玄関に。意匠性を持たせた玄関収納が、空間に和の趣も添えています。

  • 設備を一新した洗面室とバスルーム。白を基調としたデザインに、焦げ茶をアクセントにした落ち着きのある空間にまとめました。新しくなったバスルームは、足触りが柔らかくヒヤッとしない素材の床に、保温力の高い魔法瓶浴槽が、毎日のバスタイムを快適にしてくれます。浴槽も洗い場もお手入れがしやすく、いつもキレイを保てるバスルームに。洗面化粧台は、収納力もたっぷりな上に、継ぎ目のない洗面ボールは汚れもたまりにくく、お手入れを簡単にしてくれます。

  • 淡い色合いの内装デザインがさわやかなトイレ。タンクがコンパクトに収まった新しい便器は、シルエットも美しく、空間をすっきりと広く見せてくれます。汚れをつきにくくする素材や機能を持ち、お手入れのしやすいトイレです。

  • 高い天井が開放的な2階のセカンドリビング。白い壁と木調の建材やフローリングでナチュラルな雰囲気に仕上げています。中央の引き戸の奥には納戸を設け、スッキリとした空間を保てるよう収納も充実させました。ミニキッチンも取りつけ、2階にいながら簡単な調理もできるように。

物件情報
  • 面積106.82 ㎡
  • 間取り3LDK
  • 工期4.5ヶ月
  • 費用1350 万円
  • 家族構成夫婦
  • 場所神奈川県
リフォームポイント
間取り変更、リビングダイニング、和室、キッチン、バス、洗面、トイレ、収納、寝室・子供部屋、外壁、屋根、テラス・バルコニー、玄関・廊下、窓、床・壁・天井

部屋数が多く、壁に囲まれ暗いイメージだった1階を明るくて気持ちの良い空間へ。分かれていた部屋をまとめ、窓を効果的に配置した、光と風が通り抜けるリビングダイニングをつくりました。

お客様の声

定年をきっかけに、奥様への感謝の気持ちとしてリフォームをしたいと考えたA様。仕事の都合で別の場所に住んでいたため、築25年の家は10年以上空き家の状態でした。「リフォームは新築より知識や技術が必要なので、実績ある会社に依頼したいと思いました。小田急さんは近くに営業所があり、対応が早く安心。担当者の現場知識も豊富で、質問をその場で即答してくれるなど信頼できました」

 


私がお手伝いしました

細川 克利
厚木店

「今までの2階リビングから、1階にLDKを移動したら便利になると思いつつも、陽当たりを考えると消極的だった」というA様に、使われていなかった1階の和室、書斎、物置をまとめた開放的なLDKを提案いたしました。風通しを考慮した窓の配置とハイサッシを採用し、壁を抜いても梁でしっかりと補強することで1階でも明るいリビングスペースが誕生しました。2階にもセカンドリビングをつくり、ご夫婦で寛げるゆとりのある住まいに生まれ変わりました。

あなたにオススメのその他の事例

ページトップへ