小田急のリフォーム

施工事例

二世帯を見据えたリフォーム

  • 家族が集う温かな空間を演出するために、様々な工夫を凝らしたダイニング。収納も兼ね備えた木質のベンチやテレビボードを造作し、大きな窓には木製サッシを取り付け、全体的に木のぬくもりを感じるダイニングに。さらに照明で温かな空間を演出しています。

  • リビングの一角の畳コーナー。普段は引き戸を開け放しリビングダイニングとして、また、ご両親様の寛ぎのスペースとして利用できます。よく遊びに来られるお孫さんのために、天井には明るい空を描いたクロスを貼り、ダイニングの窓側の壁にはホワイトボードを取り付け、自由にお絵かきできるスペースもつくりました。リビングの一部に癒し効果のある畳を取り入れることで、家族が思い思いに過ごせる快適な寛ぎのリビング空間に。

  • いつもすっきりと暮らすために、機能的な収納を各部屋に造作しました。写真左側の収納と奥の部屋の収納には、奥行の深いクローゼットと収納棚を設けています。ご両親様の寝室となる奥の部屋は、収納扉の一部を引き戸にするなど、2つのベットを置いても動線を確保できるよう配慮しました。

  • 窓からの陽射しが差し込む明るくなったフルオープンのキッチン。空間に隔たりがなく、リビングダイニングと一体感のある開放的なキッチンになりました。リビングとキッチンをつなぐ対面カウンターは、清潔感のある白を基調としながらも、天板と床面を木製にして、リビングの木の雰囲気と調和したカウンターに仕上げています。また、調理中の手元をさりげなく隠す効果も。

  • 清潔感のある白を基調に、木調と淡いベージュでまとめた上品で落ち着きのある玄関。施工前、写真の右側にあったシューズボックスは取り払い、左側の壁にビルトイン形式で新たに造作しました。既存のシューズボックスを取り払うことで、写真右側の寝室を広げ、トイレの奥行も広くすることができました。

  • 書斎や趣味の空間としてデザインした玄関横の居室。本や趣味の物などをすっきりと収納できるよう机や棚を造作し、空間を広く使えるようにしました。部屋の左側の棚は玄関のシューズボックスの裏側。室内に迫り出し、一見手狭に感じる「張り」も、飾り棚として使えるように工夫をしています。シューズボックスをこの居室側にすることで、向かい側の寝室とトイレを広くすることができ、空間づくりにメリハリをつけています。

  • 北欧風のアクセントクロスをあしらい、明るく印象的になった洗面スペース。ポップな色を多色使いした北欧風のアクセントクロスが、画一的になりがちな洗面スペースを明るく、楽しい空間にしています。壁面にはリネンを収納できる可動式の棚を設置しました。

  • 奥行と間口が広くなったバリアフリーなトイレ。将来の介護や介助を考慮して引き戸を採用し、はねあげ手摺りも設置しました。引き戸を採用することで、デットスペースを排除し、廊下とトイレへの出入をスムーズに。介護される人も、介助する人も使いやすいトイレに。

物件情報
  • 面積80 ㎡
  • 間取り4LDK
  • 工期3ヵ月半
  • 費用1523.8 万円
  • 家族構成4人
  • 場所神奈川県K邸
リフォームポイント
間取り変更、バリアフリーリフォーム、リビングダイニング、和室、キッチン、バス、洗面、トイレ、収納、玄関・廊下、床・壁・天井

家の中の明暗差や段差、寒暖差を極力減らし、年齢を重ねても快適で安心して暮らせる住まいに。家族の想い出をより深く刻む、温かな住まいを実現しました。

あなたにオススメのその他の事例

ページトップへ