ハモリエの魅力

テクノロジー

小田急ハウジングがこれまでに培ってきた経験と技術を活かしてつくられる「ハモリエ」の住まい。
毎日の暮らしをそっと支える安心・安全・快適な性能をご紹介いたします。

1

1

暑い日も寒い日も快適に過ごせる。

壁・床・天井の6面体で空間をつくるモノコック構造を採用。高い気密性と断熱性により、夏は外気の熱を遮り、冬は室内の暖かい熱の放出を防ぐので、寒暖のある環境下でも快適な暮らしを実現します。

2

2

住まいの空気の質を高め、健康を守る。

第1 種全熱交換気システムを採用。高効率な熱交換(温度十湿度)により、換気による熱ロスや夏のジメジメ・冬の過乾燥を抑制します。また、微粒子用フィルタ一を搭載し、微小粒子を約95% 除去し花粉侵入対策はもちろん、オールシーズン住まいの空気をきれいにします。

3

3

室内外はもちろん上下階の遮音にも配慮。

1 階天井と2 階床が一体になっていて上階の音が伝わりやすい「直貼り方式」ではなく、独立した天井を設ける「吊天井方式」を採用。上階からの振動の伝達を抑えます。

4

4

すき間で床下の隅々まで換気する。

床下の防湿対策として、基礎コンクリートと土台の間に「基礎パッキン」を挟み込み、パッキンのすき間から床下換気を行います。床下換気口として通気窓を開ける必要がないので、基礎の強度を保ったまま床下全体を隅々まで換気できます。

5

5

湿気の侵入を防ぎ、すばやく逃がす。

カビ発生などの原因にもなる内部結露は、壁の防湿対策が不十分で壁が密閉状態の場合、湿気に逃げ場がなく外壁材の裏面や壁体内で発生します。「ハモリエ」の家は、壁体内に空気の通り道をつくり湿気を放出することで、住宅の耐久性と快適性を向上。VF フェルトを使用し、通気層を確保することにより、すみやかに湿気を外気に放出させ、内部結露を抑制します。

6

6

地震や台風にも揺るがない強固な基礎。

一般的な基礎よりも厚い、厚さ180mm の鉄筋入りのコンクリートで基礎全体を一体化。また、構造計算に基づき応力が集中しやすい箇所には、鉄筋の量を増やすなど徹底して堅牢性を確保するほか、構造上、特に重要な部分には補強のための「ホールダウン金物」を使用し、地震や台風にも揺るがない基礎を実現しています。さらに、基礎に防湿フィルムを採用することで、湿気から建物を守っています。

「ハモリエ」の住まいを支える2x4 工法とは?

一般的な木造軸組工法は、柱や梁といった線材で支えるのに対し、2x4( ツーバイフォ一)工法は壁・床・天井といった面材で構造体を支えます。この構造はモノコック構造といわれ、揺れや風に強いことから航空機やスペースシャトル、新幹線、F1レーシングカーなどにも採用されています。

7

7

もしもの火災に備える、
ファイヤーストップ構造。

万が一の火災の際でも、床や壁の枠組材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断。壁の中を火が通って上階へ侵入するのを妨ぎます。また、一定間隔で床根太や枠組材などが組まれているため、一つーつが防火区域となって延焼を遅らせます。火災によって天井や壁に貼った石膏ボードが突破されたとしても、ファイヤーストップ構造の二重三重の防火機能によって、初期消火の可能性を高め、被害を最小限に抑えることができるのです。

ご相談は無料です

住まいに関するさまざまなご相談を承っております。どんなことでもお気軽にお尋ねください。

お問い合わせ
フォーム

0120-745-678

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1丁目18番1号
営業時間/10:00~18:30 定休日/水曜日

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォーム